ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険年金課 > 後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなった場合の手続きはありますか

後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなった場合の手続きはありますか

ページ番号:0001730 印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月25日更新 <外部リンク>

質問

後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなった場合の手続きはありますか。

回答

保険年金課窓口で「後期高齢者医療被保険者証」の返却、葬祭費(葬祭を行った方に5万円が支給されます)の支給手続きをしてください。

用意するもの

  • 葬祭を行った方(喪主)の認印
  • 葬祭を行った方(喪主)の振込み口座のわかるもの(ゆうちょ銀行への振り込みの場合には、通帳をお持ちください)
  • 「後期高齢者医療被保険者証」
  • 亡くなった方の個人番号カード、通知カード等、個人番号が確認できるもの
  • 来庁者の本人確認ができる顔写真付きの身分証明書
    運転免許証、個人番号カード、パスポート、住民基本台帳カード、身体障害者手帳など
    ※上記の書類をお持ちでない場合は、官公署から発行された書類その他これに類する書類で「氏名及び生年月日」又は「氏名及び住所」の記載があるもの2点以上が必要です。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?