ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市計画課 > 野々市中央公園が“国際優秀つばき園”に認定

野々市中央公園が“国際優秀つばき園”に認定

ページ番号:0023692 印刷用ページを表示する 更新日:2020年8月28日更新 <外部リンク>
 『野々市中央公園』が、令和2年3月5日付けで“国際優秀つばき園”に認定され、その“認定証”が、同年8月12日に国際ツバキ協会から届きました。
 この認定を受けまして、令和2年8月28日、「愛と和 花のギャラリー ののいち椿館」にて、粟貴章市長による記者発表を行いました。
記者発表
(国際優秀つばき園 認定証)
認定証
 『野々市中央公園』は、平成29年3月18日の「全国椿サミット野々市大会」開催に合わせて開館した「愛と和 花のギャラリー ののいち椿館」と「椿山」の整備により、現在では、県外からも椿愛好家が訪れる“椿の名所”となっています。
ののいち椿館・椿山

国際優秀つばき園とは

 “国際ツバキ協会”が優秀と認めた椿園で、2年毎に開催される国際ツバキ会議の理事会で審議のうえ認定されます。今回、野々市中央公園を含めて新たに6園が認定され、世界14カ国で60園となりました。
日本国内では、九州に5園、伊豆大島に3園の椿園が“国際優秀つばき園”に認定されていましたので、『野々市中央公園』は国内9番目、本州では初の認定となりました。

国内の“国際優秀つばき園”(2020年8月現在)
・椿山森林公園(宮崎県宮崎市)
・石橋文化センター(福岡県久留米市)
・久留米つばき園(福岡県久留米市)
・五島椿森林公園(長崎県五島市)
・大分農業文化園(大分県杵築市)
・東京都立大島公園つばき園(東京都大島町)
・東京都立大島高校つばき園(東京都大島町)
・椿花ガーデン(東京都大島町)
・野々市中央公園(石川県野々市市)
国際優秀つばき園ロゴマーク

国際ツバキ協会とは

 国際ツバキ協会(International Camellia Society:略称“ICS”)は、1962年4月に設立されたツバキ属に奉仕する非営利団体です。毎年、国際ツバキ誌の発行や、ツバキ属の品種の国際登録、国際ツバキ登録簿の維持を行っています。また国際ツバキ大会を隔年に開催しています。各地域では事務局長の下で会合が定期的に行われています。ICSの会員は世界各国に亘り、大学教授や研究者を中心に1,000人以上います。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?