ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 福祉総務課 > 公共交通機関の利用料やNHK放送受信料等の障害者割引制度

公共交通機関の利用料やNHK放送受信料等の障害者割引制度

ページ番号:0001775 印刷用ページを表示する 更新日:2020年4月7日更新 <外部リンク>

JR旅客運賃の割引

割引制度の概要
障害手帳種別 乗車券の種類 割引率 割引対象要件
第1種身体障害者手帳
療育手帳A(第1種)
普通乗車券 5割(介護者とも) 単独または介護者とともに乗る場合。
ただし単独で購入の場合は片道100キロメートルを超えるもの
定期乗車券
回数乗車券
普通急行券
5割(介護者とも) 介護者とともに乗る場合
第2種身体障害者手帳
療育手帳B(第2種)
普通乗車券 5割(本人のみ) 片道100キロメートルを超えるもの
定期乗車券 5割(介護者) 12歳未満の児童が介護者とともに乗る場合

※身体障害者手帳・療育手帳を窓口で提示し、割引を受けてください

※2020年3月現在の情報です。最新の情報については、お問い合わせください。

問い合わせ先

JR各駅
JR西日本金沢支社 電話番号 076-253-5222

北陸鉄道バス・電車運賃の割引

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、北陸鉄道バス・電車の運賃の割引が受けられます。
介護者については、係員が必要とみなした場合に限り、割引が受けられます。
現金で乗車される時は、各手帳を係員に提示して割引を受けてください。ICカード(アイカ)で乗車されるときは、特別割引登録をすることにより割引が受けられます。ICカード購入、利用時に手帳の提示が必要です。

北陸鉄道バス・電車の運賃割引について [PDFファイル/435KB]

※2020年3月現在の情報です。最新の情報については、お問い合わせください。

問い合わせ先

北陸鉄道テレホンサービスセンター 電話番号 076-237-5115

航空運賃の割引

国内線に限り割引されます。

障害手帳種別 対象 割引率
身体障害者手帳
療育手帳
精神障害者保健福祉手帳(※1)
本人、介護者 路線や航空会社により割引率が異なります

※1 顔写真付きのもの及び搭乗日当日が有効期間内であるものに限る

※いずれも満12歳以上の人が対象です

※適用予定時期は航空会社により異なりますので、お問い合わせください

申請窓口

各航空会社営業所

タクシー運賃の割引

身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は10%の割引が受けられます。乗務員に手帳を提示してください。
※割引を受けられないタクシーもあります。乗車時に確認してください
※精神障害者保健手帳をお持ちの方につきましては、各タクシー会社により取扱いが異なります
※改めて、身体障害者手帳1、2級・療育手帳Aおよび精神障害者保健福祉手帳1、2級所持者には、福祉タクシーチケットの交付があります
↠ 福祉タクシー利用料金助成

有料道路通行料金の割引

身体障害者手帳をお持ちの人が自ら運転して有料道路を利用される場合、障害のある人一人につき一台に限り、通行料金の割引を受けることができます。役場での事前申請が必要です。なお、知的障害のある人で重度の人など、障害のある人本人が乗車し、介護者が運転する場合でも、割引の対象となる場合があります。

 
申請に必要なもの 身体障害者手帳または療育手帳  
自動車検査証(車検証)
運転免許証  
ETCカード ETCご利用の場合
ETC車載器セットアップ申込書・証明書

※車検証の所有者・使用者欄が個人名義でないと対象になりません。なお、所有者が法人名義(リー ス会社やローン会社、ディーラーなど)で使用者が本人名義となっている場合、ローンまたは長期リースなどの場合のみ対象になります。この場合は、リース契約書・ローン契約書での確認を行います。

申請窓口

福祉総務課 電話番号 076-227-6063

NHK放送受信料の免除

免除基準
免除割合 対象 適用条件
全額免除 公的扶助受給者 ・生活保護法に定める扶助を受けている場合
・中国残留邦人などの円滑な帰国の促進および永住帰国後の自立の支援に関する法律に規定する支援給付を受けている場合
身体に障害のある人 身体障害者手帳をお持ちの人がいる世帯で、かつ、受信契約世帯全員が市町村民税非課税の場合
知的障害のある人 療育手帳をお持ちの人がいる世帯で、かつ、受信契約世帯全員が市町村民税非課税の場合
精神に障害のある人 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの人がいる世帯で、かつ、受信契約世帯全員が市町村民税非課税の場合
半額免除 身体に障害のある人 ・視覚障害または聴覚障害により身体障害者手帳をお持ちの人が世帯主の場合
・身体障害者手帳をお持ちで、障害等級が1級または2級の人が、世帯主の場合
知的障害のある人 療育手帳をお持ちで、障害程度がA(重度)の人が、世帯主の場合
精神に障害のある人 精神障害者保健福祉手帳をお持ちで、障害等級が1級の人が、世帯主の場合

※上記免除基準を満たす方が放送受信料免除の適用を受けるためには、市役所で免除事由の証明を受けた申請書を、事前にNHKへ提出することが必要です。(申請書は市役所1階福祉総務課にあります)

問い合わせ窓口

NHK金沢放送局 電話番号 076-264-7010
福祉総務課 電話番号 076-227-6063

「104」電話番号の無料案内

障害のため、電話帳の使用が困難な人に無料で電話番号を案内します。
ただし、事前の登録が必要です。

対象者

  • 視覚障害により身体障害者手帳をお持ちの人
  • 肢体不自由(上肢・体幹・乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害)により身体障害者手帳1級または2級をお持ちの人
  • 療育手帳をお持ちの人
  • 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの人

申請窓口

NTT西日本 電話番号 0120-104174

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)