ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て支援センター菅原 > 子育て支援センター菅原 遊びの広場

子育て支援センター菅原 遊びの広場

ページ番号:0001987印刷用ページを表示する更新日:2024年2月27日更新 <外部リンク>

遊びの広場を開放しています(予約不要)

遊びの広場は、0歳から未就学(5歳児)のお子さんと保護者が対象です

野々市市外の方もご利用できます。

 

開放時間は

9時00分から12時00分 

13時00分から16時00分

月曜日から土曜日まで

※日・祝日、年末年始を除いた日

遊びの広場開放1遊びの広場開放2

 

日曜日も「遊びの広場」を開放しています(予約不要)

この度の令和6年能登半島地震で被災された方、ならびにそのご家族に心よりお見舞い申し上げます。

子育て支援センター菅原では、被災した子どもや子育て家庭等が安心して遊べる場所として、2月、3月もお子さんの「あそび場」として、また「相談窓口」として日曜日の開放を行います。

被災されて子どもの遊び場がなく困っている方、子育てや生活に不安を感じている方は、是非ご利用ください。

【実施日時】 2月、3月の月曜日から土曜日 

       9時00分から12時00分  13時00から16時00分

       2月、3月の日曜日

       10時00分から16時00分

【実施内容】 ◆あそび場の提供 

       ◆子育て等に関する相談 

【対  象】 野々市市内・市外の親子

       ※日曜日は被災者ご家族を優先とします

【対象年齢】 未就学児(ただし被災により避難されている方は小学生以上も可)

【飲  食】 日曜日のみ、昼食時間帯はランチルームを開放しますので、

                      必要な方は食事をお持ちください

【そ の 他】 提供できるものは、電子レンジ、お湯(ミルク、離乳食用)

被災された方には、コップ、お皿、子ども用箸、スプーン、フォーク等お貸しできます。 

 

お知らせはこちらをご覧ください。 ※子育て支援センター菅原 お知らせ

 

被災者向けに「一時預かり」も行っています(事前予約制)

令和6年能登半島地震で被災されたご家族が、生活の再建に向けての準備等により、お子さんの保育が必要な場合、一時的にお預かりします。

 

【実施日時】 2月、3月の月曜日から日曜日 8時00分から18時00分(希望時間に応ずる)

【対  象】 野々市市在住で被災された方

       被災地から野々市市に避難してきた方(住民票がなくても利用できます)        

【対象年齢】 未就学児(原則3か月から年長児)、土日は特例として小学生も可

【料  金】 無料

【持 ち 物】  弁当(ミルク)、おやつ、飲み物、着替え、おむつ等

 

※申し込みは2日前までに、子育て支援センター菅原 076-248-4634 までご連絡ください

※申し込みの多数の場合は、先着順となります。ご了承ください。

 

行事

月曜日(毎週)

  • 9時00分から12時00分
  • 双子ちゃんデー

水曜日(毎週)

  • 9時00分から12時00分 
    13時00分から16時00分
  • 赤ちゃんデー
  • 0歳親子だけの開放日(1歳の誕生月まで対象)

毎週金曜日

  • お話の日・・・11時10分から、センター職員が絵本、紙芝居、歌、手遊びなどをします
  • お話の日プレミアム・・・毎月第4金曜日 11時10分からボランティアによるお話の会

子育てアラカルト(不定期) 

 ベビーマッサージ(年5回)

 ベビービクス(年5回)

 リフレッシュ体操・ママケアバランスボール(年5回)

 離乳食講座(年2回)

 健康講座(年3回)

  その他、ふれあい遊び(年12回)、移動支援センター(年4回)、入園相談会(年3回程度)など

※毎月の行事予定については、こそだてだよりをご覧ください。 

  ★こそだてだより3月号 

      ★こそだてだより2月号 

 

 

子育て支援センター菅原は、子育てに関する相談窓口です!(電話相談可)

・ひろばでお子さんを遊ばせながら、相談ができます。

・スタッフは保育士8名のほか看護師1名、栄養士1名がいます。

 子どもへのかかわり方のほか、病気に関することや食事に関する事など、ちょっと聞いてみたいこと、困っている事など、なんでもお気軽にお話しください。

 スタッフ一同、子育て中のママ、パパを応援しています!

 

より良いホームページにするために、このページの感想を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)