ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建設課 > 野々市市洪水ハザードマップ

野々市市洪水ハザードマップ

ページ番号:0021541 印刷用ページを表示する 更新日:2020年3月30日更新 <外部リンク>

洪水ハザードマップ

 洪水ハザードマップとは、大雨によって手取川、高橋川、伏見川、安原川が増水し、水が溢れだした場合の浸水想定区域(浸水範囲と浸水深)を示した地図です。あわせて、水害時の避難所や、避難情報の入手方法等、避難に役立つ情報をわかりやすくまとめてあります。 

 浸水想定区域は、平成29年に国土交通省(一級河川手取川)、平成31年に石川県(二級河川高橋川・伏見川・安原川)から公表された浸水想定区域図を基に作成しています。

 この洪水ハザードマップでは1000年以上に1回の確率(想定し得る最大規模)の降雨を想定しています。皆さんの住んでいる地域が、どのくらいの深さまで浸水するか確認し、日頃より、災害時に迅速に避難できるよう心掛けましょう。

※印刷版(A1サイズ)の洪水ハザードマップは、広報5月号とあわせて市内全戸配布いたします。

※令和2年度、Web版ハザードマップ作成を予定しており、スマートフォン等で現在地の想定浸水深や、近くの避難所を簡単に調べることができるようになります。

表面裏面

下記のリンクよりダウンロードし、ご確認ください。

野々市市洪水ハザードマップ(表面) [PDFファイル/9.34MB]

野々市市洪水ハザードマップ(裏面) [PDFファイル/6.57MB]

Nonoichi City Flood Hazard Map (Front Side) [PDFファイル/38.07MB]

Nonoichi City Flood Hazard Map (Reverse Side) [PDFファイル/19.64MB]

 

情報・学習編

各種情報を調べる

雨量・水位等を調べる
河川の防災情報を調べる
気象情報を調べる

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)