ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建設課 > 流域治水について

流域治水について

ページ番号:0027541 印刷用ページを表示する 更新日:2021年1月4日更新 <外部リンク>

「流域治水」へのご協力をお願いします!

 近年のゲリラ豪雨など局地的豪雨の増加や流域の都市化に伴い、河川があふれ住宅地が浸水する被害が全国的に増大しています。このような状況から、国では、水害を軽減させるため、河川の流域全体のあらゆる関係者(国、県、市、企業、住民等)が協働し、治水対策に取り組む施策「流域治水」を推進していきます。

 野々市市においても、関係者の皆さんと力を合わせて「流域治水」に取組んでいくことから、ご協力をお願いいたします。

 

(参考)国土交通省ホームページより

総力戦で挑む防災・減災プロジェクト ~いのちとくらしをまもる防災減災~<外部リンク>

行政(石川県・野々市市)の取組例

・河川改修、雨水幹線整備
・市有施設の貯留施設等整備
・一定規模以上の土地開発に調整池設置等を指導(原則、3000平方メートル以上の土地開発において雨水排水協議を実施)
・市街化調整区域の保全(農地の保全など)
ハザードマップの公表(全戸配布・Web) など

河川改修(二級河川高橋川 新庄四丁目付近)

     (改修前・洪水時)

高橋川 洪水時

         

       (改修後)

二級河川高橋川

 

調整池

       (平常時)             

調整池平常時

         

       (貯留時)

調整池貯留時

 

ご家庭や企業ができる取組例

◎雨水流出の抑制対策 
施 設 概 要
雨水貯留施設 駐車場や庭などの地下に雨水を貯留する施設。貯めた雨水を樹木への散水としてだけでなく、ポンプを設置することでトイレの洗浄用水などにも利用できます。
透水性舗装 駐車場やアプローチ部において、透水性のアスファルト、コンクリートやブロックなどを用いて地中に浸透させる施設。
貯留タンク 雨どいに取水接手を取り付けてタンクに雨水を貯留する施設。樹木への散水などに利用できます。
雨水浸透ます ますの底部および側面より地中に浸透させる施設。
雨水浸透管 側面に浸透孔を設けた管などで地中に浸透させる施設。

◎土地利用・住まい方の工夫など
 ・宅地のかさ上げ
 ・住宅の高床化
 ・電気設備のかさ上げ
 ・止水版の設置 など

<期待できる効果の一部>
 ☑住宅等の浸水被害を防止、軽減
 ☑流出する雨水量が減るため、まちの浸水被害や河川などの負担軽減
 ☑雨水を大地に浸透させることによる水資源の保全
 ☑災害時における代替水源として利用
 ☑雨水の利用による上下水道料金の節約

取組例

 

お問い合わせ先

●治水対策に関すること

  建設課    

  電話 076-227-6023

  E-mail kensetsu@city.nonoichi.lg.jp

●土地開発に関すること   

  建築住宅課

  電話 076-227-6087

  E-mail kenchiku@city.nonoichi.lg.jp

 

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)