ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

結婚

ページ番号:0014410 印刷用ページを表示する 更新日:2019年5月7日更新 <外部リンク>

 

結婚の画像

ご結婚おめでとうございます。結婚するときには、婚姻の届出が必要になります。
また、氏名が変わることで手続きが必要となる制度もあります。

婚姻届・住民票の届出

婚姻届(戸籍に関する届出)は24時間365日受け付けています。
ただし、開庁時間外に提出された場合の審査は、翌日になります。(受理日は、受付した日となります。)
不備がある場合は開庁時にご連絡します。

届出先は夫か妻になる人の本籍地または住所地の市区町村です。
届出をできるのは夫か妻になる人です。用紙は市役所または他の市区町村でも受け取れます。

結婚と同時に住所の異動がある場合は、婚姻届にあわせて住民票(住民基本台帳)の届け出を行う必要があります。
なお、住民基本台帳(住民票)の届け出の受付時間は、開庁時間内となります。

住民票の写しや戸籍謄本は婚姻によって氏名や住所が変更した時、免許証の記載記事変更時に必要になりますので、婚姻届を出した後に取得しておくと便利です。また、銀行口座等の氏名変更時にも必要な場合があります。
ただし、開庁時以外は取得できません。

婚姻に伴うそのほかの手続き

印鑑登録を結婚前にしていて、結婚によって変更の必要が生じた場合は、婚姻届と婚姻後の氏での印鑑登録申請を併せて行っていただくと便利です。

国民年金、国民健康保険の加入者は、氏名や住所などが変更した場合、届出が必要です。

離婚届の届出

婚姻届(戸籍に関する届出)は24時間365日受け付けています。
ただし、開庁時間外に提出された場合の審査は、翌日になります。(受理日は、受付した日となります。)
不備がある場合は開庁時にご連絡します。

届出先は本籍地または住所地の市区町村です。
届出をできる人は夫か妻です。用紙は市役所または他の市区町村でも受け取れます。

離婚して子どもがいる場合、児童扶養手当やひとり親家庭医療費給付が受給できます。
国民年金、国民健康保険の加入者は、氏名や住所などが変更した場合、届け出が必要です。
印鑑登録を婚姻中にしていて、離婚によって変更の手続きが生じた場合は、離婚届とあわせて印鑑登録申請を行っていただくと便利です。
更生年金は「離婚時の厚生年金分割制度」で受給額を分割することができます。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?