ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建築住宅課 > 住宅に関する融資・助成制度

住宅に関する融資・助成制度

ページ番号:0013547 印刷用ページを表示する 更新日:2019年4月1日更新 <外部リンク>

住宅に関する融資・助成制度一覧

 主な住宅関連の融資・助成制度については次のとおりです。
 各制度や事業の詳細については、それぞれの担当窓口にお問い合わせ願います。

制度・事業名

内容 担当窓口
勤労者自己住宅資金利子補給制度

勤労者が市内において、新築のマイホームを建築・購入した資金について、市が利子の一部を補給

(最大:3年間、限度額:75,000円/年、返済負担率等による制限有)

産業振興課
商工労働係
電話 076-227-6082

生け垣等設置事業補助金

道路に面する部分に設置する生け垣等の工事費用

 (生け垣) 1mにつき8千円、限度額8万円

 (植樹帯、花壇) 1mにつき2千円、限度額2万円

※既存ブロック塀を撤去して設置する場合に加算あり

建築住宅課
開発住宅係
電話 076-227-6087
簡易耐震診断事業

木造住宅(昭和56年5月31日以前に工事着手、その他条件をみたすもの)

 簡易耐震診断

  (現況図面ありの場合) 自己負担無料

  (図面がない場合) 自己負担5千円

住宅耐震診断・改修工事費補助金

木造住宅(昭和56年5月31日以前に工事着手、その他補助条件をみたすもの)

1.耐震診断

 診断に要する費用の4分の3、限度額12万円

2.耐震改修

 改修工事に要する費用、限度額150万円

水洗便所等改造資金融資斡旋及び利子補給制度

し尿および生活排水を公共下水道に排水するために便所等を改造する場合、必要な工事費用について50万円を上限として融資斡旋し、この融資に係る利子を全額補給

上下水道課
管理係
電話 076-227-6102
自立支援型住宅リフォーム推進事業

生活保護世帯または住民税非課税世帯で、かつ要介護認定または要支援認定を受けている方、特定の障害を有する方を対象に居住する住宅のリフォームに要する費用の一部を助成(限度額100万円)

※助成額は、限度額から介護保険の支給または日常生活用具の給付を受けた額を引いた額

介護長寿課
高齢者福祉係
電話 076-227-6062
居宅介護住宅改修費の支給

要介護、要支援認定者を対象に、手すりの取付け等の一定の住宅改修に要する費用(上限20万円)の一部を助成

介護長寿課
介護保険係
電話 076-227-6066

 

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?